2007年01月21日

愛の流刑地がどうしたの?

 愛の流刑地・・・通称愛ルケって言うんでしょう。

エライ話題になってるようですが、何が話題にって激しいSEXシーンだそうです。

ああいうのを見て、「キレイに撮ってくれるなら・・・」なんてことを言い出す人も多く出てきたり、変に憧れるアホが出てきますが、それは無理な話です。

SEXなんて所詮、格好エェもんではないんです。

映画ではキレイに腰を振ってますが、アレはホンマに入ってないから出来る体位で、入れようと思ったらメチャメチャ長いチンチンでもなかなか出来ません。

深くなんて無理な話。

どんなにかっこエェ男でもすっぽんぽんでチンチン勃てて、腕立て伏せの体勢でハァハァ言い、どんなにべっぴんさんでもすっぽんぽんで、カエルが潰れて裏返ったような格好でアヘアへ言うしかないわけです。

そんなんキレイとかってモノとは対極にあるもんやと思います。

実際、出ていて撮られた経験のある俺が言うんやから間違いありません。

そういうもんです。

 まぁ、そんなことはエェとして、愛ルケで新境地を見せたとか、女優としてどうやとか言われてる寺島しのぶに俺は一言言いたい。

「君は日本一の親不孝だ!」と。

彼女の母は天下の藤 純子なわけですよ。

藤 純子と言えば、東映映画の『緋牡丹博徒』の主役・・・緋牡丹のお竜こと矢野竜子なわけです。

お竜さんと言えば、父が興した熊本の矢野一家の二代目として、組の復興のために全国を歩き回り、人に優しく、悪を決して許さず、そして自分の背負った荷物のために男に惚れても決して寝ない、まさに鏡のような女性なわけですよ。

その娘の寺島しのぶが、「愛のために死ねますか?」って、なんてことを言うんですか。

お竜さんは人助けのために命をかけるけど、愛のためには死ぬなんてことはないわけですわ。

親子でどうしてこうも違うんやと言いたい。

仁侠映画ファンとしては、寺島しのぶが三代目矢野一家を興してやねぇ・・・二代目緋牡丹お竜として登場して欲しかったわけですよ。

他の女優じゃお竜さんの処女性が守れないわけですわ。

それが・・・緋牡丹お竜の娘がこんなことをしたらあきませんよ。

日本で唯1人、二代目緋牡丹お竜を襲名出来る人材やったのにねぇ・・・悲しいです。

大沢親分と張本 勲さんやったら間違いなく“喝!”を入れてくれることでしょう。

 これからなんとなくこんな事を不定期に書いていこうと思います。

親不孝選手権があったら、一度は日本一になったであろうマグナム北斗が、親不孝な人に一言言わせてもらうつもりです。
posted by マグナム北斗 at 10:11| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | マグナム的親不孝ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。