2008年05月28日

エラそうに言うつもりもないが・・・

 『昭和残侠伝 死んで貰います』の中で、藤 純子は花田秀次郎役の高倉 健さんにこう言います。

「止めても無駄だということはわかっています。でも・・・死なないで・・・今度逢うときは、あたいだけの義理と人情に生きてください。」

苦渋の決断だった。

俺も、そして俺に頼んだ人も・・・。

お互いこんなことはしたくないのはわかっている。

原因は他にあるから、今いる人間に当るところもない。

どうにもならない状態だった。

そして俺は義理を取ることを選択した。

都合のイイだけの人間になる気はないが、義理や恩義を忘れないのが男の生きる道やと思っている。

正直、過去には不義理したこともたくさんある。

そしてどうしようもなく後悔する。

不義理などしたいやつがいるとは思えないが、結果的にそうなってしまうこともある。

 『義理が廃ればこの世は闇だ』と村田英雄は人生劇場で歌っている。

俺もそう思っている。

自分の決断は間違っていなかった・・・それはこれから答が出るだろう。

もうゴチャゴチャ言わない。

言わないといったら言わない。

アホなやっちゃと言いたきゃ言えばエェ・・・俺はそう決めたんやから・・・。

任侠の世界で生きていけるほど、根性もなければ筋も通ってないけど、男の子なら限りなくそうやって生きて行きたいのだ。

それでエェ・・・それでエェねん。

義理を立てる・・・間違ってないはずだ。
posted by マグナム北斗 at 11:52| 大阪 | Comment(5) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
義理 恩義 礼儀 これは絶対に必要です。
書きたくないですが、あえて 今の10代の奴等は
無いですね。
Posted by MARINO at 2008年05月28日 12:52
 別に任侠の世界に生きていなくても、侠気は持てると思いますよ。この藤純子の様に粋に送り出す事ができるのもまた侠気だと思います。そして、決断が苦渋だったぶん、きっとその結果はそれ以上に甘い物になるか、より良い結果に繋がる事と思います。

 マグやんから個人的に受けらる義理と人情って、どんなものなんでしょうかね?特に女性の場合・・・。想像するだけで凄そうです(笑)きっと女冥利に尽きる事でしょう。

 
 
Posted by 山葵娘 at 2008年05月28日 16:43
「義理が廃ればこの世は闇よ」の前に「義理と人情を秤にかけりゃ、義理が重たい男の世界」と歌ってますね。
義理と人情、相反するものか並立するものか、以前から疑問でした。
どっちもほしいのは人なら誰でもそう。どっかでギリギリの選択しなきゃいけない時もあるのですね。
きっとマグナムさんの選択は、まちがってないと思います。
Posted by Rinn at 2008年05月28日 19:27
「人の為に損できるのが仁侠で、それができるならタクシーの運転手だろうが八百屋の親父だろうが仁侠だ」愚連隊の神様万年東一が言ったこの言葉を思い出しました。
Posted by とし at 2008年05月28日 20:30
>MARINOさん

 10代に限らず、40代にも50代にもないやつはないですよ。

コノ前つくづくそう思いました。

安物が増えてる今日、この頃です。

>山葵娘さん

 そんなに大袈裟なもんではないとは思いますが、俺の取った決断が間違ってないと思いたいです。

結果が出るのはいつになるかはわかりませんが・・・。

>Rinnさん

 片方を立てれば片方が泣く・・・両方上手く行くってことが難しいんでしょう。

男は勝手なもんです。

ただそうしないとやって行けないのも事実なんやと思います。

>としさん

 昔の人は名言を残してますね。

社会的には批判されることも多いでしょうが、男はどこかアウトローに憧れるもんです。

アウトローだけに外せない道もある。

これは仕事とか商売ではなく生き様なんですわ。
Posted by マグやん at 2008年05月30日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。