2008年02月26日

2.26

 今日は2月26日ということで、2.26事件の起こった日である。

中卒の俺には、授業では全くといってイイほどこの事件のことは習ってない。

あったということぐらいしか書いてもいなかった。

左よりの教師にとっては教えたくもない事件ということなんやろうか?

なんにしても勉強不足である。

簡単に言うたら、政府の堕落振りを腹に据えかねた青年将校達が決起したってこと・・・。

昔はそんな人もいたってことやね。

国を憂いた若者がいたってこと・・・。

今はそんなやついないでしょう。

60年間そんなことは考えさせないように教育してきた結果がこれです。

完全に牙を抜かれてるわけです。

かく言う俺もそうでしょう。

自分が情けなくなってます。

やり方が正解か間違いかってコトは置いといて、動くことの大切さを感じるべきやなぁと思いますわ。

44歳11ヶ月のオッサンじゃ、若くもないのでどうにもなりませんが・・・。

それ以上に、その場面になったら腰が引けてしまうでしょう。

俺に出来るのはせいぜい暴言吐いてるくらいが関の山ですわ。
posted by マグナム北斗 at 08:15| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渋谷区神南。
そうNHKセンターの道を挟んで区役所側に
2・26事件の慰霊塔があります。
(風景に溶け込んでいるので見落としやすい)

NHK内の施設で
真夜中に軍隊の行進する姿が…そんな霊が出る。
都市伝説化されています。
NHKは元陸軍施設ですからそういう話はいっぱい。

当時の陸軍将校がいたら福田内閣はどうなるんだろうか?
アハハ。
Posted by ピコ田中 at 2008年02月26日 10:02
>ピコ田中さん

 福田内閣が出来ることすらなかったでしょう。

森さんの頃に政府が転覆してるんちゃう・・・?
Posted by マグやん at 2008年02月26日 15:33
 左派にとっても悪い事件ではないはずです。北一輝は左派でもあるわけで。まあ、君側の奸を討とうとしたのは確かだと思います。
 現在のタイは立憲君主国として興味深いです。無血軍事クーデターがあり、それで追出された、タクシン元首相の党が選挙で大勝して、タクシン氏が正式に帰国しそうな感じ。立ち上がるときは立ち上がる。でも、選挙の結果などは尊重する。その上に、プミポン陛下が統治はせずとも指針を示す。
 旧首相官邸は、今、公邸になってますが、今年も青年将校の霊は出たのでしょうかね。
Posted by 印南野きつね at 2008年02月26日 16:34
暴言結構!!
オサーンズでも、やっちゃいましょう!!
って、やってるか。
Posted by 石部目眩 at 2008年02月26日 19:12
雪の中を行軍する軍隊の亡霊、って聞いたことありますね。
討たれた側が出たって話はないのでしょうか?

「国を憂う」って今は右翼しか使わない言葉ですが、ほんとは代議士や学生も真剣に討論してよいはずですが…
一番遠い印象のマグナムさんが言うと、ハッとさせられます。
Posted by Rinn at 2008年02月26日 23:06
 自分は全共闘世代にあこがれた人間ですが、2.26の青年将校たちをモデルにした三島由紀夫の「憂国」や「英霊の声」なんか読むと、頭では理解できなくても心の底に共鳴するものがあって不思議な感覚に襲われます。
 三島と全共闘が議論を戦わしていた時代はまだ、「憂国」という言葉が生きていたんでしょうね…
 
Posted by Yoshi at 2008年02月26日 23:18
>印南野きつねさん

 タイのようなケースは稀なんでしょうね。

仏教のせいでしょうか・・・?

プミホン国王に頭を撫でられると、ものすごい力を発揮したりするボクサーとかいるんですよ。

>石部目眩さん

 いつまでもやりまくるよ。

止まったら死にます。

>Rinnさん

 そうですか・・・?

言いそうにないですか・・・?

これでも国を愛してるんですよ。

>Yoshiさん

 俺らが小学生の頃まではあったんでしょうね。

俺は逆に学生運動とかって嫌いでしたね。

極端に左が嫌いなのと、どうしても浅間山荘事件の映像が思い出されてしまうんです。

ただあの後、そういう話を大声ですることがなくなったのかもしれませんね。

体制側にいることが全て・・・みたいになったんならと複雑な気分です。
Posted by マグやん at 2008年02月27日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。