2008年02月14日

バレンタインデーってやつは・・・

 今日は俗に言う“バレンタインデー”ってやつで、日本中のチョコレート関係の店が一番儲かる日である。

どういうわけか毎年この時期になると国生さゆりの“バレンタインデー・キッス”がヘビー・ローテーションされるんやけど、この時期だけで印税がどのくらい入るのか知りたいもんだ。

1軒くらい気の利いたやつがおって、ABCの“バレンタインディ”をヘビー・ローテーションしても良さそうなもんやけど・・・俺ならそうしたいところだが、ABCのアルバムが今は手元にはないし、たぶんもう廃盤なんだろう。

それよりもABCなんてバンドが存在したことを憶えてる人の方が少ないんやろうなぁ・・・。

 それはエェとして・・・44歳11ヶ月生きている俺としては、それなりにバレンタインには思い出もたくさんある。

チョコレートの数を競ったこともあれば、貰うチョコレートにポイントを付けて、義理なら2点、本命並びに口説かれてたら5点、飲み屋関係なら1点、保険屋のオバちゃんならマイナス5点とかにしてたこともあったね。

大体、飲み屋のネェちゃんから電話がかかってくるんですよ。

「今日、バレンタインでチョコレート買って来てるから・・・」って、取りに行ったら、ナンボ飲み代かかるねん!

高いチョコレートなんかいらんわ!

と言いたいところを、貰いに行ってしまう悲しい男の性も経験しましたよ。

若いときはね。

手作りチョコってのが流行ったこともありました。

手作りと言うてもカカオの収穫からやるやつはいないわけで、結局固まりのチョコを買ってきて、湯煎して型に取るだけやから、何にも手作りしてるわけでもないんやけど・・・女の子に作り方講座を開いてやったこともあったね。

ほとんど俺が作ってたけど・・・。

それで落ちた男も結構いたらしいけど、誰も俺が作ってるとは思ってないんやろうなぁ。

 後はプレゼントですかね。

とにかく貰いました。

この時期を個人的には『農繁期』と呼んでました。

クリスマスから3月23日の、俺の誕生日までを『農繁期』・・・4月からは種蒔き・・・あるいはミレーの落ち葉拾いならぬ落ちボボ拾いと呼びまして、とにかくネェちゃん行きまくるわけですよ。

それでまぁ、クリスマスから収穫に入るわけですね。

ホンマに景気も良かったのか、俺も若かったのか、とにかくエェ思いしてましたね。

今じゃ考えられないですよ。

ベルサーチのスーツの1着も手に入らない。

当然、コルムの金無垢もピアジェも入らない・・・年は取りたくないね。

まぁ、そんな時代を経験しながらオッサンになってきたわけですが、今は何でもうれしいですよ。

何でも貰うのは好きなんですわ。

甘いものは余り好きやないので、チョコよりは酒の方がかなりありがたいんですがね。

チョコと酒の融合と言う意味なのか、カカオリキュールを貰ったことがありました。

これは甘くてナカナカ飲めなかったのを思い出します。
posted by マグナム北斗 at 11:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。