2007年09月25日

これは流行の兆しなのか・・・?

 2件続けて中学生が父親を殺した。

女の子は成功、男の子は未遂・・・しかも凶器は手斧。

斧で殴るって・・・包丁とかよりなんか強烈なインパクトがあるね。

買いやすいとかなんかあるんやろうか?

まさにアックス・ボンバーやないですか。

三種の神器は三叉のヤリと言っていたのはハルク・ホーガンを称した時の古舘伊知郎の名調子ではあったけど、まさか親殺しがアックス・ボンバーとは・・・。

まさかこれでハルク・ホーガンのDVDが発売中止とかにはならないよねぇ。

“斧爆弾”て言葉が頭を巡ってたわけでもないやろうに・・・。

しかしまぁ手斧で頭割るやなんて・・・薪割りなんかしたことないやろうにねぇ・・・怖い世の中です。

スグ死ねへんから、痛かったやろうなぁ・・・あんまり流行って欲しくないなぁ。

死んだウチのお父ちゃんは、俺らを怒るときにこんな言葉を発してました。

「ドタマもナニも割ってもたろうか!」

まさかホンマに割られる人が出てくるとは思わなかったね。
posted by マグナム北斗 at 14:22| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜこの時代に斧?と思ったのですが、どうやらゲームの影響みたいですね。
いい事はそうそう流行らないのに、こういう事件が重なってしまうのは悲しいですね。
平和な日本のままであって欲しいです・・・
Posted by よしこう at 2007年09月25日 19:54
うまいなぁ、マグやんの文章。
ホーガンの必殺技を日本語で知ってる人、そういませんよ(笑)。
ゲラゲラ笑っちゃったよ。
実況でも聞かれないようなワザ名だよ。

日本って事件が変なところに飛び火しちゃいますよね。
俺の思いついたのはホーガンでなく
「犬神家の一族」でしたよ。
松子夫人が白マスクのニセ佐清を斧で殺害。
血シブキが飛び散るシーンを思い出しました。
Posted by ピコ田中 at 2007年09月25日 21:03
こんばんわ。怖いですよね・・・
こんな事件が世の中で流行してしまって。

昔私も父親に中学生の頃生まれて初めて、
人に殺意を抱いた事がありますが・・・
いざ実行に移そうとなると、
手が震えて凶器すらもてませんでした。

・・・普通は行動に移せるような事・・・
じゃないんですよね・・。
犯行に到った子供達の心理状況は、
きっと本当に私なんかに理解できない程、
苦しい物だったんだと思いました・・・
Posted by マーブルふぁいたー at 2007年09月25日 22:56
>よしこうさん

 ゲームでしたか・・・これでそのゲームが悪く言われるんでしょうけど、それはゲーム屋に失礼ですよ。

言うたらなんですが、そんなもんに影響されるように育ててるのがアカンのですよ。

それを見たりしたりして事件起こす人間は何万本か売れた中の一人とか二人です。

やったやつが単純に悪いんですよ。

人のせいにする風潮がアカンと思います。

>ピコ田中さん

 そんなに上手くないよ。

俺はもう一つ、狼酋長ワフー・マクダニエルの“トマホーク・チョップ”を思い出したんやけどね。

これじゃ渋すぎると思ってやめたんですよ。

形はこっちの方が似てるでしょうけど・・・。

>マーブルふぁいたーさん

 ガキやから大したこと考えてなかったかもしれへんし、ガキなりに悩んでたのかもしれへんね。

親父の女性関係がイヤやったみたいなこと言うてるけど、それならオカンに離婚をすすめるとか、この秘密で親から小遣いふんだくってやろうかぐらいのゆるーい考え方が出来るように育ってたらねぇって気がします。

俺は13のとき、ガンで入院してる親父を見舞いに行ったら、18歳の看護婦とデートに行こうとしてるところに遭遇しまして、オカンが苦労してるのになんやねんという思いより、ガキ4人もおるのに凄い男やなぁと思いましたよ。

オカンには黙ってたけど、変に尊敬してしまいましたよ。

Posted by マグやん at 2007年09月26日 13:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。