2007年09月19日

こんな不幸な・・・

 世の中にこんな気の毒な人がおったんやな。

誰かと言えば東京ヤクルトスワローズの宮出隆自選手。

登録は外野手なのか三塁手なのかは不明。

何が不幸かって、シーズンも押し迫ってベッタ確定とも思える体たらくのヤクルトにいて、頭は今期の契約更改と来年のことを考えてればエェこの時期に、なんと故障で戦線離脱。

今期絶望って、ハナッからもう終わりやっちゅうねん。

しかも場所は右手の指・・・投げられへんのちゃうの?

それも三振したときにって、どうやって手にボールが当ったんよ。

避けて手に当ったんならデッドボールやから、三振で当ったとするとストライクゾーンに手を置いていたのか、空振りしたときに手に当ったのか・・・もしかしてバントした球が手に当って3バント失敗で三振てことなのか・・・?

どっちにしてもドン臭いことこの上ないプレーでの怪我であったと思われる。

しかも利き腕の右手・・・今期でクビになるかトレードで出されるかもしれへんなぁ。

大体、空振りして手に当って骨折って・・・元阪神でメジャーで2冠王にまでなりながら、博打で資産の全てを失ってあの人は今にも呼んでもらえそうもない、息子のプリンスにも見放されたセシル・フィルダーが三振に怒って投げたバットが跳ね返って手に当り、小指を骨折して帰国して以来のブサイクな怪我なのか?

そう言えば昔、空振りしたボールが自分の腰に当たり、デッドボールを主張してルールを知らんのかと爆笑されたのは、北海道日本ハムの淡口憲司打撃コーチが読売の選手やった頃やったなぁ。

メッタに見られないよ・・・空振りが当るのは・・・。

 それにしても宮出の不幸はコレが最初じゃない。

今年はずっと気の毒だ。

去年、不動の三塁手の岩村がメジャーに行き、3塁手を入れることが急務だったヤクルトは、行き場をなくして中ぶらりんだった中村ノリを獲ろうと古田兼任監督は主張したが、親会社がインチキファンドに騙されて大金をなくしたヤクルトは、とにかく金のかかることをしたがらず、他球団ともめるのを嫌がってノリ獲得に動かなかった。

じゃあどうするのって世間は思ったが、そこで出てきたのが外野手の宮出をサードにコンバートするって話。

まずここでムチャクチャである。

宮出はピッチャーとして入団したが、打撃を生かして野手に転向し、肩だけはイイ外野手としてやっとこさ1軍に定着したばかりである。

外野で使えるようになるのも相当時間がかかったわけで、それがいきなり来年からサードって・・・そんな簡単なん、サードは。

ヤクルトを見捨てた岩村と高校が同級生で、同期入団やから、後はお前が責任取れって言われてるみたいやん。

キャンプでは必死で練習したみたいよ。

でも開幕したらエラーを連発して調子を崩し、結局はもとの外野へ。

そして今回の骨折。

これで自由契約にでもなったら傑作ちゃうか・・・。

この際やから自由契約になったらエェねん。

それで合同トライアウトで野村監督に拾われて、一度は諦めた投手として出て来たら、これこそ野村再生工場の面目躍如やし、宮出も一躍スターの仲間入りですよ。

年末には特番が組まれるんちゃう。

もちろん宇和島東の同級生の岩村と差がついていくところなんかキッチリ出してね。

実際、ヤクルト球団はあまり球団経営に熱心やなさそうやし、その方がエェんちゃうかなぁ。

外で勝手なこと言うてるだけなんやけどね。

そんな宮出が登録抹消されて、代わりに上がってきた畠山のタイムリーで昨日はヤクルトが中日に勝った。

ナイスフォロー・・・こういうことはありがたい。

タイガースも読売の焦りまくったチグハグな攻撃に助けられて連勝で首位をがっちりキープした。

昨日の読売は関東で中継ないからって、15安打で4点しか取れないんやから笑うよ。

能見を2回で降ろしても江草で抑えられるタイガースは強いね。

中4日で久保が2点で凌いで、1点負けてる6回から中2日で高橋尚成投入・・・後がないって言うても負けてるときに尚成出してどうするねんて感じ。

怖さがないやん。

結局4−4で門倉続投が裏目に出て5−4に・・しかもバッテリーエラーで勝ち越されて負け。

アソコは上原ちゃうの・・・後がないって言うんやったら・・・尚成まで出したんなら8回からでも上原でしょ。

先発を3人使って上原温存・・・原もソロソロまた人事異動の季節か?
posted by マグナム北斗 at 14:32| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな間抜けな讀賣に、あんな使い片されたヒサノリに…。

負けました。

ここであのフレーズパクらせて頂きます。

『寺原、固め打たれ』
Posted by M.Noge at 2007年09月22日 01:44
宮出隆自の三塁急造コンバートは、
ヤクルトがペナント争いする中でウィークポイントでしたよね。
古田監督のヤクルト球団の三塁手補強ミスが招いたBクラス低迷。
ヤクルトって球団経営、どうなっているんですかね。
親会社、自慢できるほど大きくないですよ。
新橋にヤクルトホールがあるくらいの知名度の会社。
フジテレビにオンブに抱っこなんだろうけど。
フジテレビとはどういう裏の関係なのか、以前から気になってます。
経営陣に姻戚関係者がいる。
そんな程度だったりするものと予想はしてるんですけど。

宮出隆自のシャープなバッティングはいいセンスだと
感じているのですが、どうでしょうか。

そうそう、ヤクルト球団の不思議な組み合わせ、
四国松山、愛媛出身の選手、坊ちゃんスタジアム。
昔から道後温泉で自主トレしていた古田敦也しかり、
池山隆寛、広澤克実ともども自主トレといえば道後。
道後のソープ嬢かスナックの女、愛人でもいるものかと
本気で思っていた時期があったのですが(笑)。
なぜに道後、松山、ヤクルト、
不思議なセミフランチャイズな組み合わせ。
Posted by ピコ田中 at 2007年09月23日 09:53
>M.Nogeさん

 その翌日、百万遍の題目をあげた野間口に完封されてますやん。

あいつはスポーツ推薦やから学会員ちゃうかもしれへんけど・・・

最近のうちは固め打たれしすぎてます。

>ピコ田中さん

 単に岩村と宮出が愛媛出身と言うことやないでしょうか?

それか球団経営陣の地元とか・・・。

どっちにしても松園オーナーの頃のワンマン体制の方がおもろかったですよね。

弱くてもオーナーが巨人ファンでも野球を愛してましたから。

どっちにしてもインチキファンドに騙されるようなボンクラ親会社では、球団経営どころではないでしょう。

身売りして出直すべきやと思いますね。
Posted by マグやん at 2007年09月23日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。