2007年09月15日

藤川球児vsタイロン・ウッズ

 阪神vs中日首位攻防戦第1ラウンドは7−5で中日が勝ちやがった。

頼みの藤川球児がタイロン・ウッズに2点タイムリーを打たれて万事休す・・・悔しい。

負けたから悔しいんやけど見ごたえあったなぁ。

9回5−5同点、二死二三塁で4番のタイロン・ウッズと勝負するのは阪神・・・それも藤川だけやで。

アソコは敬遠して森野勝負とか、2−3からフォークで三振取りに行くとか、いろんなことがあるやろうけど、敢えて勝負したことが素晴らしい。

結果は負けたけど11球ストレート勝負・・・迫力あったよ。

昨日までウッズは球児からノーヒットどころか三振しまくってたんやから・・・一番悔いの残らない勝負して負けた。

これは腹立つけど打った方を褒めるしかない。

見ながら息を止めてしまうような緊迫した場面・・・面白かった。

野球はやっぱり面白い。

これが野球の醍醐味ですよ。

今日はこれからデーゲームで第2ラウンド・・・倍返ししてやって欲しいもんやで・・・。
posted by マグナム北斗 at 11:54| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜昨日は悔しかった上に讀賣も逆転勝ちしやがった!!東京のスポーツ新聞全部讀賣ネタ・・・・。

でもほんまタイロン怖いっすわ・・・。

Posted by やまのり親分 at 2007年09月15日 16:45
>やまのり親分さん

 タイロンは確かに怖い・・・でも昨日は浜風に救われながらも抑えたね。

東京のスポーツ新聞でもデイリーは阪神でしょ。

トーチュウは中日やし・・・そっちを読みましょう。

ちなみにスポーツ報知は読売が負けると1面が競馬です。
Posted by マグやん at 2007年09月16日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。