2006年12月05日

自民党郵政造反議員復党問題

 平沼赳夫議員を除く11人の郵政造反議員の復党が決まった。

それにしても一体、なんやったんやろうな。

刺客立てて、それでも無所属で当選した強い地盤を持ってる人たちなんやけど、それでも無所属はしんどいってことなんやろうな。

そやけど、復党願いを出した後の記者会見が爆笑やった。

堀内光雄なんか、「私は郵政民営化反対なんて一言も言ってない」って、アンタ・・・これでは自民党やなくなるって、本まで出してたやん。

厚顔無恥っていうのかなぁ・・・野田聖子にしたってそうでしょ。

鶴保庸介と事実婚を解消してたってことはどうでもエェけど、土下座して今後一切党の方針に反対しませんみたいな誓約書まで書いてね。

よぉやるわって感じ。

まさに乞食でしょ。

エラ〜イ国会議員の先生も、やってることは乞食と一緒よ。

プライドも誇りも何にもない。

生きるためやったら犬にでもブタにでもなるってことがよくわかったね。

おもしろいわ、ホンマに。

あの郵政民営化法案に反対せずに棄権した連中はどうなんやろう?

大仁田厚もエラそうなことをアホなくせに言いながら、結局は棄権してたなぁ。

反対して離党して、また戻ってきた奴が乞食なら、棄権した奴はなんやろう?

こんな奴らがマニフェストなんて言うてるのが不思議。

信用する方がどうかしてるよ。

 でも、今回の復党問題に必死やった岡山選出の片山虎之介参議院幹事長は、気の毒やったな。

平沼赳夫に戻ってきてもらったら良かっただけやと思ってたはずやねん。

自分の選挙がラクになるからね。

それがなぁ・・・一番戻ってきて欲しかった人が帰ってけぇへんねんもん。

これは予想が狂ったとしか言いようがないよな。

まぁ、そんなこと言いながらも当選するんやろうけどね。

民主党もパッとせんもん。

沖縄知事選挙で共産党の手を組んで負けて、和歌山の出直し選挙では大敗するかもしれへんから、候補者を出さないとかってなぁ・・・なんやねんて感じやろ。

結局はどっちでもエェよって感じですわ。

選挙にはやっぱり出るもんやね。

それしかないでしょう。
ラベル:郵政民営化 復党
posted by マグナム北斗 at 07:53| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
離党はしたものの、新党を組んで活動する程の理念もビジョンも無い人達ですからね。
反対する以外、それを超える対案も出せず、時流の読みを間違えて、勢いの尻馬に乗っただけ。
まぁ、政党政治である限り、無所属では活動出来ないのは解るけど、今後は頭を抑えられて頭数でしかなくなるのを承知で復党するんだから、彼らの選挙区の方々は次回通すかよく考えて欲しいもんです。
Posted by 黒きゃびん at 2006年12月05日 11:28
>黒きゃびんさん

 たぶん、当選するでしょう。
特定郵便局長会からの票だけではないでしょうし、自由投票になったとしても、有権者は大して難しいことは考えないでしょうしね。
来年の7月頃には忘れてますよ。
それを見越してのことちゃいますか。
Posted by マグやん at 2006年12月05日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。