2006年12月02日

名城信男 初防衛

 WBAスーパー・フライ級チャンピオン、名城信男の初防衛戦が行われた。

相手はメキシコの世界13位、エドゥアルド・ガルシア・・・世界挑戦の時のスパーリング・パートナーに呼んだ選手だ。

名城側が初防衛させたいという意思がよく見えるマッチメイクである。

だからと言って世界挑戦のレベルがどうこうって言えるような相手でもない。

メキシカンはランキングとかで図れるものでもないからな。

現に越本隆志が世界14位の相手に7RTKOで負けているし・・・。

 結果は判定勝ち。

鬼門の初防衛に成功した。

試合内容はそれほどパッとしたものでもなかったように思うけど、まぁ勝ったんやからエェやないかって感じ。

これでまだWBAとWBCの2本のベルトが日本にあることになるわけやな。

徳山は返上するかもしれへんけど・・・。

 しかし日本はこれからもWBAとWBCだけを公認していくつもりなんやろうか?

IBFもWBOも認めたらエェのになぁ。

現実問題として、IBFにもWBOにもエェチャンピオンはいるし、世界タイトルとして公認しない理由がないんやけどなぁ・・・?

この前見た、ビック・ダルチニャンなんて最高やん。

チャンスは多い方がエェんやし、ベルトの乱立言うたって、そんなもんズーッと前からの話やし、権威は後から付いてくるもんやと思うんやけどね。

JBCのエライさんも考えて欲しいよ。

 Jリーグは浦和レッズがガンバ大阪に勝って初優勝。

セレッソ大阪はまたしてもJ2落ちが決定。

まぁ、それほど俺には影響ない話なんやけど・・・。

 世界バレーは決勝ラウンドって言いながら、5−8位決定戦の日本vsフランスを放送中。

準決勝のブラジルvsセルビア・モンテネグロ戦の方が見たかったよ。

結局、男女ともブラジルの試合はTV中継なしってことになるよなぁ。

順位決定戦なんてどうでもエェのに・・・。

そんなにWaTとモーニング娘。が見たいんかって感じ。

普通にブラジル戦か、ポーランドvsブルガリア戦を見せてくれって・・・。

強いのを見た方がおもろいに決まってるやんなぁ。

 さて、9時からはK―1でも話のタネに見ときますか。

見たらまたアラ探しでも出来るでしょう。

ただ、今回は日本人選手が決勝トーナメントに出てないので、不透明判定とかが少なそうやからありがたい。

俺は純粋に誰が強いかが見たいだけ。

トーナメントは面白くないよ。

決勝には万全で出て欲しいもんです。
posted by マグナム北斗 at 19:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。