2006年11月15日

サンテレビの再放送の魔力

 阪神タイガースとともに歩んでいる我らがサンテレビには、昼の12時から“時代劇アワー”というとてつもなく楽しい番組がある。

簡単に言えば、昔の時代劇の再放送してるだけなのだが、これが非常に俺の琴線に触れるラインナップなので困る。

ついこの前までは必殺シリーズの連発で、滅多に見られない“飛べ!必殺うらごろし”なんてやってたので、つい見てしまったんやけど、それほどホンキで見るほどのことでもない。

ところが昨日から、とんでもない番組の再放送が始まった。

過去に再放送したのを見たことがないというか、思い出せない名作。

俺が子供のときに大好きだったドラマがこの年になって見られるとは・・・嬉しいような悲しいような・・・。

昔でなかったら、こんな実写ドラマが作れるはずもない作品。

“水滸伝”。

中国人が1人も出なくて、完全に日本語でしかセリフを言わない中国の話。

壮大なスケールにナレーションはおなじみの芥川隆行。

主役の『林 中』は競輪狂でおなじみの中村敦夫。

これは見逃せないよ。

メッチャおもろい事間違いないもん。

ビデオ撮ってゆっくり見たいぐらいの気分です。

見逃したくない傑作ちゃうやろうか。
posted by マグナム北斗 at 11:24| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンテレビの「時代劇アワー」
水滸伝の前は必殺シリーズの異端児 「うらごろし」
その前は木枯らし紋次郎の2シリーズ
うちの家では「中村アワー」と呼んでます。
おしどり右京捕物車 をいつするのか楽しみです。
Posted by AWAZO at 2006年11月21日 09:22
>AWAZOさん

 わかってくれる人がいてくれるとは思ってはいましたが・・・そうなんですよ、中村アワーにちかくなってますね。

その前は藤田まことアワーか、草笛光子アワー状態でしたが・・・。

しかし、さすがに『おしどり右京捕物車』はCSの時代劇チャンネルでもやらないでしょうね。

ジュディ・オングが止めてくれって怒りそうやしね。

でもあれは見たい。

『佐武と市捕物控』、『乾いて候』級の傑作ですからね。

それより気になってるのが実写版の『どろろ』です。

漫画に忠実なセリフを言ってくれるのかが心配です。
Posted by マグやん at 2006年11月21日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。