2006年11月14日

長谷川穂積V3

 ライブ直前なのでネタのことで頭が一杯なのだが、これだけはどうしても見逃せなかった。

ワールド・プレミアム ダブル世界タイトルマッチ

WBCミニマム級タイトルマッチ

 イーグル京和(タイ/日本 角海老宝石)

          VS

   ロレンソ・トレホ(メキシコ)

WBCバンタム級タイトルマッチ

  長谷川穂積(日本 千里馬神戸)

         VS

     ヘナロ・ガルシア(メキシコ)


 放送開始が夜10時やったので、ネットとかで結果が先に出てるとアカンから、全く見ないようにしてね。

8時からはWOWOWでエキサイトマッチ2時間見た後やから、夜はとにかくボクシング漬けって感じやなぁ。

こっちはヘビー級タイトルマッチを中心に放送。

IBFミドル級タイトルマッチ

 “キング”アルツール・アブラハム(アルメニア/ドイツ)

         VS

   “パンテーラ”エディソン・ミランダ(コロンビア/アメリカ)


この試合は、まさにボクシングらしいボクシングって感じ。

4R後半にミランダのパンチでアブラハムの口がおかしくなり、口の中から流血が止まらない。

アゴでも骨折したのか、口が閉じられなくなっている。

いつTKOされても仕方のないような状態で、確かにレフリーがチャンピオン寄りのようで、ミランダは5ポイントも減点されたら判定で勝つのは無理。

とにかく凄い消耗戦やった。

 それにしてもアゴを折られてから8ラウンドもよく戦って勝ったよね。

凄い根性ですよ。

アルメニア人てこんなやつばっかりなんやったら怖いよなぁ。

 IBFヘビー級タイトルマッチ

 “スティール・ハンマー”Dr.ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)

VS

   “ボクシング・バンカー”カルビン・ブロック(アメリカ)

 現在、ヘビー級で最強と目されるクリチコが、無敗の挑戦者をどう退けるかに注目された一戦。

序盤、長い左で距離を測っておいた後、7ラウンドにクリチこ必殺のオーバーハンド・ライトが一閃。

ブロックの夢・・・ヘビー級復権をかけるアメリカの夢を打ち砕いた。

クリチコは3度のポカ負けで、精神的にも硬く強くなったのかもしれない。

豪快さはなくなったが、堅実さは出てきたように思う。

このボクシングなら負けようがない気がするなぁ・・・。

 心も身体もボクシング漬けになった状態で見た長谷川戦。

挑戦者のガルシアは打たれても打たれても前には出てくるタフなファイター。

長谷川も突進力に押されてロープにつまるシーンも目立つが、相手は前に出るだけで、長谷川のスピードが上回って試合を支配する。

4R終了間際には長谷川の右アッパーがタイミング良くアゴを捉えてダウンを奪う。

この日は4Rと8Rにジャッジのポイントが発表されるシステムを採用していたため、4R終了後のポイントは40−36、40−35、39−36で長谷川がリード。

中盤は右目をパンチで切り、左まぶたをバッティングで切った長谷川が、勝負を早くするのかと思いながら、冷静に相手の突進を止めてクリーンヒットさせていく。

8Rにも得意の右一発でダウンを奪い、ポイント的にも長谷川圧倒的有利で試合が進んだ。

後半、出血の酷くなった長谷川は、足を使って逃げ切りを図り12R終了のゴングを聞いた。

ポイントは後半盛り返されてたけど、時すでに遅しって感じで3−0の完勝。

見事3度目の防衛を飾った。

10Rの打ち合いで倒したかったと言うてたけど、長谷川の場合、打ち合いの連打で倒すと言うよりも、昨日の2度のダウンもタイミングとキレで倒してるし、前回の防衛戦でもそうやったし、打ち合いせん方がエェんちゃうやろうか。

カウンターは素晴らしいし、今の日本では一番強いチャンピオンちゃうかなぁ。

長谷川選手、おめでとう。

アナタは兵庫県の・・・いや日本の真の星です。

 イーグルの防衛戦は序盤ダウンを奪ったイーグルが、6Rに2度のダウンを奪われ、KO負けの大ピンチを迎えたが、その後盛り返して3者とも1ポイント差の僅差で3−0の判定で防衛。

凄い試合を制したわけだ。

なんでちゃんとダイジェストでなく見せないのか。

その後の粟生隆寛の試合もそうである。

7時から3時間枠でも堪能出来る試合やったのになぁ・・・今度はちゃんと見せてよ。

今は日本に7本のチャンピオンベルトがあるわけです。

盛り上げるのは亀田だけやないんですよ。

試合内容で見せればイイんです。
posted by マグナム北斗 at 12:13| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4ラウンドごとにポイントでるシステムあれよかったですね 
Posted by ザ・こうき at 2006年11月15日 12:01
>ザ・こうきさん

 あの集計良かったんでしょうかねぇ?
負けてると、頑張ったりして、その感じが良かったかもしれないですね。
Posted by マグやん at 2006年11月16日 07:00
長谷川のカウンターは素晴らしいですね。ただこの人、試合コントロールしてるようでも、意外と採点は接戦の事が多いような・・
Posted by パックマン at 2006年11月20日 23:23
>パックマンさん

 確かに明確そうに見えて、結構取られてるラウンドが多いのは確かです。

それは単に長谷川の手数の少なさやないでしょうか?

連打で倒すようなパンチ力がないので、試合を支配してても、効いた感じがしないから、手数に押されてポイントを失ってるような気がします。

でも、あの状態でも2度ダウンを取るんやからタイミングは日本人離れしてるのは事実やと思いますよ。
Posted by マグやん at 2006年11月20日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。