2006年10月28日

JR西日本はやっぱり・・・

 朝からJR西日本ローカル線の旅を始めたわけではないが、日本のへそと言われている西脇市に電車で行く羽目になり加古川線に飛び乗った。

ホンマは車で迎えに来てもらえる予定だったのだが、都合でっていうか連絡ミスで仕方なしに電車で行くことになったのだが、これが非常に厳しい時間と言うかなんと言うか・・・。

なんと第4土曜日は電化工事かなんかで、9:11に乗り遅れると、14:00過ぎまで運休という恐ろしいダイヤが組まれているとは知らなかった。

運良く9:11に乗れたからよかったようなものの、シャレにならない状況に陥るところやったなぁ・・・。

061028_0908~0001.jpg

ちなみにこの電車はワンマン電車で、自分で押さないとドアが開かないみたいで、知らない人が困っていたなぁ。

所要時間は50分弱・・・スピードは早くないが、ディーゼル列車やなくなったので、少しは早くなったんやろう。

10:00には西脇に到着。

061028_1000~0001.jpg

駅前には何にもなくってコリャまたしびれた。

これじゃあ、まるで鉄道マニアである。

 西脇ではチョッとした工事のお手伝いをしながら大事なビジネスのお話をして・・・話だけなら1時間もあれば済んだことなんやけど、なんせ第4土曜日は5時間近く運休してるから帰るに帰れないんで、そのまま工事の手伝いをしながらノンビリ。

田舎は空気が美味しい気がするのが不思議だ。

昼飯食ってから50分のローカル線でのお帰りです。

061028_1533~0001.jpg

エライ派手な電車やったなぁ・・・。

機嫌よく帰ってきて大阪へ戻ったのが帰ってきたら非常に気分の悪い出来事があった。

西脇市から大阪まで1620円だったのだが、急遽大正まで行くことになり、乗り越し料金を払おうと思ったら、1890円と表示された。

追加料金270円てなんやねん。

大阪から大正までは170円なのである。

なんで追加が100円高いねん・・・ありえへんやないか。

私鉄と競合してるところが割安になってて、その範囲が過ぎたら規定料金やからそうなってしまうのかもしれないが、何となく気分が悪い。

駅員のオッサンが、「大阪で一度降りてからなら安いんですが・・・」って、そんな面倒くさいこと出来るかいな。

こんなこと言われて思わず「そんな大名商売あるかいな・・・詐欺みたいなまねしやがって・・・」

たった100円のことやけど、なんか物凄い気分悪いよ。
ラベル:JR西日本
posted by マグナム北斗 at 19:24| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9.11って覚えやすくていいですね。
Posted by TONY at 2006年10月29日 10:41
>TONYさん

 覚えやすいけど、昨日始めて知ったんですよ。
たぶん、今後も乗る機会はないと思いますが・・・。
Posted by マグやん at 2006年10月29日 10:55
ufff…マグナムさんに文句言われた駅員さん、ビビったでしょうね。忙しく動き回って、怒る気力もあって、お元気そうでよかったです。
Posted by Rinn at 2006年10月29日 13:09
そうなんですよ!

大阪経由で市内行くと値段上がるんですよ!!

訳が分かりません!!
Posted by アナーキー at 2006年10月29日 13:16
>Rinnさん

 元気ですよ・・・メッチャ腹立ったけど・・・。
でもビビってはいないでしょう。
大正ならそんなことでビビってられませんよ。

>アナーキーくん

 アレって腹立つやろ?
ロング乗ったら安くなるのが当たり前やんなぁ。
やっぱり元国営やから高飛車な商売しとるんやで。
福知山線のことでも、きっと高いところでモノ言うてんねんで、きっと。
Posted by マグやん at 2006年10月29日 13:40
 写真の電車は横尾忠則さんデザインのラッピング電車ですね。今月の1日、西脇の美術館で横尾さんのレセプション・パーティがあって、たまたま早めについたら横尾さんが美術館員の人に自作の絵を説明していらっしゃいましたので、それについて聞いて回りました。
 三島由紀夫、ジョン・レノンという私の二大アイドルと親交の深かった人ですし、横尾さんの絵も大好きなので感激しました。
Posted by Yoshi at 2006年10月29日 19:25
不思議な料金体系ですねぇ。
全然関係ありませんが、JRで東京から和歌山の往復乗車券を買うと、往復割引があるので、東京−大阪の往復より200円くらい安くなります。
ということは、大阪に行く時に、和歌山往復を買えばいいのか…と思ったのですが、なんか変ですよね?
Posted by ドリ未亡人 at 2006年10月29日 22:28
>Yoshiさん

 横尾忠則といえば西脇でしたね。
それ以外は“愛と死を見つめて”のミコさんも西脇やなかったですかねぇ。
しかし、あんだけノンビリしたところから前衛芸術家が出てくるんやからわからんもんです。
ちなみに俺は絵とか芸術はからっきしなんで、全然わからんのですよ。
絵が下手でねぇ・・・書くとアホの子みたいなんですよ。

>ドリ未亡人

 そうなんですよ、往復割があるからなんでしょうが、西明石ー東京にすると、大阪ー東京より安くなります。
こういうことは鉄道マニアには詳しいやつがいるもんで、聞いてもいないのに教えてくれたりするんですよね。
でも長くなると安くなるのが普通なんでしょうが、高くなるのは許せないですよ。
Posted by マグやん at 2006年10月30日 01:54
 私も中学時代美術は2しかとったこと無いんですが、横尾さんの場合前述した以外にも、サンタナの「ロータス」や「アミーゴ」のジャケットをデザインしたり、YMOのメンバーだったのに記者会見に遅れたからやめちゃったとか、ボブ・ディランがジャケットの制作を依頼に来たのに忙しいから断ったとか、めちゃめちゃロックなんで好きなんです。80年代当初はパンクばっかり聞いていてそこから作品のインスピレーションを得てたりとか。
 それとやっぱり寺内貫太郎一家の「倉田」ですね。
 ビートたけしさんも今まで対談した中で一番すごかったのは横尾忠則さんだとおっしゃっていました。
 「ミコ」さんのお墓も西脇にありますね。
Posted by Yoshi at 2006年10月30日 05:05
>Yoshiさん

 俺はCMの印象が一番かなぁ。
『横尾忠則も肩がこる』
言いえて妙でした。
でもパンクな人なら、嫌いにはなれないやろうなぁ。
Posted by マグやん at 2006年10月30日 06:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。