2011年07月27日

孝行息子誕生 昨日の勝因

 とうとうタイガースにも孝行息子が現れました。

まさに起死回生の同点2ランを放ったのはプロ入り4年目の森田一成です。

1−3と2点のビハインドで迎えた5回の攻撃。

能見の代打としてプロ初打席を迎えた森田が、ネルソンからプロ初打席初ホームランをレフトスタンドに叩き込んだんですわ。

阪神の長い歴史で初打席初ホームランを打ったのは初めてのことやったそうです。

岡山の関西高校から高校ドラフトで入団して4年目。

途中故障で育成選手になり、去年の夏にまた支配下選手契約を勝ち取って遂にこんなとんでもないところでのデビューとなったわけですが、正直昨日のネルソンを打てそうな雰囲気がなかっただけに、鮮烈のデビュー弾は、後半戦のタイガースの戦いに勢いをつける一発となったわけです。

またねぇ・・・顔がエェんですよ。

かなりの阪神顔です。

藤井ほどではないにせよ、榎田級の阪神顔なのは頼もしい。

とにかく昨日は森田のホームランに尽きますよ。

あの後の鳥谷の勝ち越しタイムリーなんて、そのうち出るやろうくらいに思ってたもんね。

まぁ鳥谷が打ってくれて良かったところはあるけど・・・あれが同点のまま新井やったら・・・得意のゲッツーの可能性大やもんねぇ。

これで借金が1になりました。

今日、アッサリ5割に復帰してもらいましょう。

しかし気分のエェ勝利でした。

真弓采配が当りすぎるのは、チョッと困る部分もあるんですけどね。
posted by マグナム北斗 at 08:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。