2011年02月11日

井岡一翔御見事 日本新記録

 いやぁ、やってくれました!!

井岡一翔が日本最短記録達成です。

神戸ワールド記念ホールで行われたWBCミニマム級タイトルマッチ。

チャンピオンはタイのオーレドン・シッサマーチャイは40戦39勝(14KO)1分で無敗のチャンピオン、今回が7度目の防衛戦。

対する井岡一翔は6戦6勝(4KO)無敗同士とはいえ、キャリアの差はいかんともしがたく、正直7戦目の世界制覇という日本最短記録を狙うことに意義があるのかと思っていたわけですよ。

いくら日本人では飛びぬけたボクシングセンスのある井岡でもある意味コレは無謀やないかって気もしてたんですわ。

それが・・・もう見事としか言いようがなかったですね。

キャリアの差もあるし、テクニックにも差があると思ってましたが、1クラス下げて無理矢理挑戦した甲斐がありました。

2ラウンドに井岡の左フックでダウンを奪ったものの、4ラウンド終了後の採点では40−35,38−37で2人は井岡を押してましたが、1人は38−37でチャンピオンを支持してました。

簡単に言えば2Rのダウン以外はチャンピオンがポイントを奪ってたと見るジャッジもいたわけです。

それを5ラウンドロープに詰まるところを体をひるがえしざまの左ボディーで戦慄のKO勝ちを収めるとはねぇ・・・オーソドックスがサウスポーの選手に左ボディーを当てるのは、身体の角度的にも難しいんですが、あのタイミングで出せるとは・・・比較にはならないでしょうが、パッキャオvsモラレス第3戦のロープ際の体をかわしての左フックを思い出しましたね。

しかも左のボディーでディレイアクションでのKOは、センサク・ムアンスリンがガッツ石松をKOした時のあののた打ち回る姿を思い出しました。

この勝利は物凄い価値があります。

同じ大阪で年も近い亀田兄弟と比較すると、方や王座決定戦を無理矢理作ったり不透明判定での勝利やったりで長男は3階級制覇、次男も世界チャンピオンといいますが、40戦無敗のチャンピオンをKOして勝った井岡一翔とは比べ物にならないでしょう。

ホンマに見事な世界タイトル奪取劇でした。

 ただ今後気になることはあります。

まだキャリア7戦です。

世界にはどんなわけのわからん強さを持った選手がいるかもしれません。

苦戦を強いられることも当然あるでしょう。

1つずつクリアしていってもらいたいもんです。

それの妨げになりそうなのはTVがTBSってことです。

過去に何度も視聴率のために選手に余計なことをさせて、タイトルを手放す結果にさせてます。

この試合1試合で確実に亀田兄弟より商品価値があることを知ってしまったわけで、この先ホンマにいらんことをさせてしまうんではないか・・・その辺が心配です。

これからもっと強いチャンピオンになる素質がある選手です。

どうか大事に育てて欲しいもんです。

心からそう思いますね。

関係ないけど今日の解説が鬼塚勝也と佐藤“ハルク”修の元協栄ジムから出た世界チャンピオン2人に、ゲスト解説が内藤大助、それにゲストがあしたのジョー公開の宣伝で山下智久と伊勢谷友介と香川照之でしたが、内藤は放送席にはおらずタレント席におり、放送席には東大出のボクシング狂の香川照之、しかも解説の誰よりも明確な解説を入れていたのにはシビレましたね。

素晴らしく明確で的確でした。

これからの放送にはこういう解説者を入れるべきとつくづく思いましたわ。
posted by マグナム北斗 at 20:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしかったですね!興奮しました!
今後の楽しみができましたね。

余った時間に具志堅用高さんのフィルムあったのも、思いがけないお楽しみでした。
当時は15Rの時代でしたね。なのになかなかTKOとらないんだないうことと、具志堅さんのものすごい闘争心に圧倒されました。
ほんまに強かったなぁ〜。
Posted by Rinn at 2011年02月12日 02:30
無敗の王者に完全KOで勝ち日本最短記録、最高の奪取劇でしたよ。

オードレンが衰えていたとか、コンディション不調だったとか言われてますが負ける時はこんなもんでしょう。

実際KOするのは難しい相手ですよ。

香川照之の実況も的確でしたね。畑山や竹原は最近実況には出て来なくなりましたね
Posted by パックマン at 2011年02月12日 08:41
また、新しいスターが誕生いたしましたね。亀田とは階級が違いますが、こちらも負けずに頑張って欲しいと願ってます。
Posted by 珍宝僧 at 2011年02月12日 17:29
>Rinnさん

 昔はレフェリーのストップは遅かったですからねぇ・・・今ならダウン後の加撃で反則取られかねないですよ。

でも具志堅さんは素晴らしかった。

それ以上に井岡が素晴らしかったのは間違いないですが・・・。

早く終わった後のあぁいう過去の映像は昔は楽しみの一つやったんですけどね。

久しぶりに見ました。

>パックマンさん

 オードレンの減量苦は確かにあったでしょうが、それでもあのワンパンチKOは立派です。

久しぶりに痛快なKO劇でしたね。

竹原と畑山は最近ジムやってるし、協栄系のジム出身でも協栄じゃないので、どうしても鬼塚と佐藤になってしまうんじゃないでしょうか?

ガチンコも終わったしね。

香川照之にはキックボクシングの寺内大吉さんみたいに、毎回解説をしてもらいたいですね。

>珍宝僧さん

 まさにスター誕生の瞬間でした。

亀田はこれで商品価値ガタ落ちちゃいますか。

内容がパッとしませんからねぇ・・・。
Posted by マグやん at 2011年02月13日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。