2010年04月13日

亀田三兄弟の行く末は・・・

 東日本ボクシング協会の会議で、亀田三兄弟の親父の亀田史郎と亀田ジムの処分が決まったようだ。

その前に本人がセコンドライセンスを返上して、ボクシング界から身を引くって話をしたんで、しばらくは様子を見るってことに収まったようである。

どっちにしても亀田三兄弟はJBC預かりってことで、ジムに所属してなくても試合は出来るってことになったけど、それはたぶん無理でしょう。

どうするのか気になるのは次男、亀田大毅の防衛戦・・・果たして出来るんでしょうか?

親父が手を引いたとはいえ、親父の評判が悪すぎてどこも手を出さないでしょうしねぇ・・・。

かと言ってチャンピオンが試合しないわけにはいかない。

こうなると坂田健史とやるしかないんやろうなぁ。

金平会長が決断したらやけど、こんなタダ取り同然のベルトを取りにいけないわけがない。

たぶんやるしかないでしょう。

しばらくは亀田家を助ける人はいない気がするしなぁ。

金になるなら受けるんちゃうやろうか?

でもスポンサーも離れてるやろうしなぁ・・・どうなるんでしょうか。

口は災いの素っていうのはこのことやね。

俺も気をつけよう。
posted by マグナム北斗 at 13:44| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクシングのイメージをこれ以上汚す訳にいかないですからね。今まで好き勝手やってきたんだから当然でしょうね。って丸く収まりすかね〜・・・どこかで復活を目論んでいるんでしょうか・・・
Posted by MARINO at 2010年04月13日 22:19
>MARINOさん

 今回は永久追放のような形になりましたから、復活は無理ちゃいますかねぇ?

海外でやるなら別ですけど・・・。

どっちにしても、三兄弟の商品価値がもうチョッと上がらないと無理でしょう。

今までは虚構でやってこれましたが、化けの皮剥がれたからねぇ・・・無理ですよ。
Posted by マグやん at 2010年04月14日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

亀田史郎は殺人犯扱いとなりました(笑)
Excerpt: 3月27日のWBCフライ級王座統一戦で、亀田史郎が試合後に立会人らに暴言を吐いた問題で、JBCは、史郎にセコンドライセンス取り消しの処分を科すことを決めた。今後、ライセンスの申請は認めず、JBCの管..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2010-04-14 05:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。