2010年01月25日

これで辺野古移転がなくなったのか?

 沖縄の名護市長選が終わって、辺野古移転反対派の稲嶺氏が当選しましたねぇ。

過去何度となく移転受け入れ派が市長になってきたのに、ついに基地はいらんと言うてる候補者が市長になったわけです。

これで辺野古移転はゼロにせなしゃあないやろうねぇ。

アメリカは辺野古以外考えられないって言うてたけど、流石に街がアカンて言うたらアメリカもゴリ押しは出来ないでしょう。

さて5月までに決着出来るんでしょうか?

鳩山総理の政治家としての資質が問われるやろうね。

・・・

・・・

という事はアカンてことですよ。

社民党みたいに出て行けって言うだけで、後のことは全く考えてもいなければ、考えるトサカもない人たちを大事にしたのがココに来て足かせになるでしょう。

大体、鳩山総理の言うてる『常駐なき安保』の理想なんて、昔、社会党のボンクラ共がほざいてた『非武装中立』なんていう絵空事とかわらんからね。

自宅をセコムと契約してるんとちゃうで、ホンマに。

それでもタダちゃうわけやし、常駐しないでヤバイときだけ守りに来てくれって、そんな調子のエェことが通用すると思ってるだけで、アホっていうことがわかるでしょ。

さぁ、これで5月に話がまとまらないことは文句ナシ。

そりゃ支持率も不支持率に負けるよ。

外におったら見ものやけど、俺ら日本におるんやからね。

笑ってられへんよ。
posted by マグナム北斗 at 13:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。