2009年07月08日

あの男達との出会い

 いつの間にかAVなんてものに出てしまったんやけど、俺が出始めたときはピンク映画なんかと同じで前貼りするやつもあったし、尺八もマネだけなんてのも結構あったんよね。

そやから初めて出てからチンチンが大きいからどうのとか、関西弁がどうのとか、若いからとかって言われても特になんとも思わなかったんよね。

別に写るわけではないし、大きいからって特に得するわけでもないわけですよ。

隠すんなら小さい方が得ちゃうかなぁって思ってたくらい・・・。

昔のAVなんてやることは決まってて、ネェちゃんのイメージシーンにオナニーシーンがあって、最後に1回カラミをやったらおしまいって感じ・・・特に台詞を言わなきゃならないわけでもないし、それっぽく腰を振ってりゃ金貰って帰れるって感じやった。

そんな感じで来た仕事をチンタラやってるうちに、ある時その日はやってきた。

現場に行って初めて聞いた本番という言葉。

でも深く考えなかったね。

なんとかなるやろうくらいに思ってた。

それがそうカンタンなもんやないってわかったのはカメラが廻りだしてから・・・とにかくビンビンにならないんよね。

そのときに出逢ったのがひびやんこと日比野達郎・・・長い付き合いになりましたわ。

最初に逢った彼はホンマに今と変わらないくらい飄々としててね。

新人の俺にこれと言った意見をするわけでもなく、ただ淡々と仕事をして帰って行ったわ。

今思えば、初めての本番仕事の共演がひびやんやったから良かったんかもしれへんね。

本番するときは、淡々と深く考えずに余計なことを考えずにするんやなぁって覚えたわ。

 もう一人、新人の俺が出逢った衝撃の男は山本竜二でした。

最初は盗撮ビデオのMCを頼まれたら、キャスティングがかぶったのがきっかけ。

この男との逸話は山ほどあるからそのうちゆっくり書くとして、俺があの男と未だに付き合いがある理由と言うか、いつもは先輩なのにボロクソにネタにしながらも、リスペクトを忘れないでいるのはあの時の一言があったからやろうなぁ。

 いつやったかは忘れたけど・・・たぶん飲んでるときやったと思う。

俺が男優やりだして、名前がオモロイのと喋りがオモロイっていうんでチョコチョコ雑誌とかTVなんかに取り上げられだした頃。

彼がこんなことを言うてくれたんよ。

「マグちゃん、俺らは呼んでくれた人の期待に応えなアカンねん。AV男優なんて別にTVからしたら誰でもエェんよ。それをわざわざ山本竜二を呼んだのは変態やとか、ウンコ喰うとかそういうところを求めて呼んでくれてるんやろ。それをTVやからってエェ格好言うてしもたら呼んでくれた人に悪いやろ。そやから言わんでもエェくらい激しいこと言うたるんよ。マグちゃんも巨根ってことで呼ばれてるって忘れたらアカンで。」

眼から鱗というか、これやねって思ったね。

俺らは普通のやつとちゃうことで呼ばれてるし仕事を貰ってる・・・それやのにTVやから雑誌やからってエェ格好言うてもしゃあないな。

たとえ女性問題を考える団体とかに文句言われてもエェがな。

いや、言われるくらいならTVの人が編集しよるやろう。

俺を呼んでくれた人の思ってるイメージ通りの答をしたるのがプロってもんやな・・・そう思うようになったんよね。

まぁ、芸人志向は強かったのか、AVの現場では期待に応えない男というか、相手によって出来不出来がハッキリ分かれるムラッ気の男の異名は引退するまで消えなかったけど・・・。

俺はあの世界に実質5年しかいなくて、俺より古い人間なんて10人おるかおらんかやけど、なんやかんや言うてリスペクトしてるのはこの2人だけやなぁ・・・。

他の人は・・・速水健二はオモロイんやけどね。

酒癖悪いからなぁ・・・。
posted by マグナム北斗 at 19:19| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | マグナム道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ̄(= ̄∀ ̄=) ̄ イヒッ ひびやん…♪
私とマグやんの最初の関りも
ひびやんだったね〜〜
『俺の友達のファン』ってね 


今はマグやんの大ファンだからd(´▽`*)ネッ   
Posted by 小梅 愛 at 2009年07月08日 22:28
貴重な話ですね。前貼り有りのピンク映画から本番当り前のAVの時代へと。
今は間口が広くなってるのでしょうか。それでも男優さんは、息が長い人が多いてことはモノになる人はそれほど多くないってこと?
やってることはsexのバリエってしれてると思うけど、女優の鮮度で決まるのかな。
山本竜二さんはDVDで見たら、ビックリするような話してたけど、あれもサービス精神でプロ根性なんですね。
どこの世界にでも尊敬できる先輩っているのでしょうが、ちゃんと受け取る感性があることが、やはりプロだと思います。
Posted by Rinn at 2009年07月09日 02:22
>小梅 愛さん

 そうやったかなぁ・・・?

忘れてしまってるわ。

>Rinnさん

 昔と比べて本数も増えてるし、男優の人数はメチャメチャ増えてますよ。

ただ、ベテランがやれるってことは、それだけエェのが少ないってことでしょう。

画面に映るとわかりますよ。

1万円のやつは1万円の写り方しかしませんわ。

竜ちゃんはプロ根性の塊のような男です。

ただ尊敬してると言うと調子に乗ったら困るので、いつもはネタにしてるわけです。
Posted by マグやん at 2009年07月09日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。