2009年06月27日

リーグ戦再開初戦は快勝! 昨日の勝因

 ペナントレースも悪夢の交流戦が終わり、どうせなら真弓監督解任になるには中途半端な5位なんかより最下位になってくれた方がありがたいような気がするものの、やっぱり負ける試合は見たくないので応援してしまうところが複雑なところなんですが・・・昨日からリーグ戦が再開いたしました。

相手は田代大洋との最下位決定戦でしたが、5位vs6位の対戦という思ったとおりの凡戦になりました。

両チーム通じて4失策・・・よく負けなかったと言うか、目指せ最下位と思っても、最下位横浜より下に行くのはかなり高いハードルではないかと感じてしまう試合ではありました。

負けててもおかしくなかったわけですよ。

先発安藤のピッチングなど、「誰がお前をエースって言うたんや!」と目の前で怒鳴りたくなるくらいの情けない投球でしたね。

気になったのは3−2と1点差に追いつかれた場面、バッターは佐伯のところです。

よりによって追い込んでからインコースにストレートを3球続けて、3球目を1塁線を抜かれて同点に追いつかれましたが、どこのボンクラが3球同じ珠を投げて三振してくれるんでしょうか?

その前のボールをファールしてるわけで、裏をかく投球とは思えませんよ。

日本シリーズの安藤のアホなピッチングを思い出しましたね。

全く治ってないってことでしょう。

そんなわけで大凡戦ではありましたが、今日の勝因を行ってみましょう。

3位  ウォーランドー細山田のバッテリーのボケぶり。

 これは酷かったですよ。

先制した後、鳥谷の遅いスタートでもセーフにしてしまったことや、赤星のバント処理に狩野に打たれたホームラン・・・あんなど真ん中投げてどうすんねんて感じですよ。

田代監督も大激怒やったようですが、それでも他に投げるやつがおらんからしゃあないと嘆いておりました。

助かりましたね。

新井のライトフライで3塁ランナーの安藤が何を思ったのかスタートをしてしまい、エェ球が返って来たのにアウトに出来ない細山田のブロックの甘さにも助けられました。


2位  いつまで続くのか、ブラゼルの幸運に葛城のタイムリー。

 2点タイムリーになったブラゼルのヒットなど、偶然としか言いようがないブサイクなヒットでしたよ。

葛城のタイムリーもあんなショートゴロがイレギュラーしたとはいえ、ランナーのブラゼルと交錯しかかったのも大きいでしょう。

運が良すぎます。

この先打てなくはなるでしょうが、それでもメンチよりは働いたということで、褒めてあげましょう。


1位  2番手江草が2回6者連続三振の好投。

 コレくらいは褒めましょう。

昨日の江草は確かに素晴らしかった。

テンポがエェんで、こういうときの江草は打てないですね。

ただムラッ気やから、当りだすと全く止める術がなくなるのが難点ですが・・・それでも昨日は素晴らしかったですわ。

 
 さて今から試合が始まります。

今日は能見と三浦ですか・・・横浜は三浦で負けると勝つとこがないから今日は必死でしょう。

田代大洋野球のファンではありますが、勝つのは来週からにしていただきましょう。
posted by マグナム北斗 at 17:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。