2009年02月19日

我が愛しのプロレスラー・・・グロンダ

 たまにはルチャ・ドールも入れてみたくなったので書きます。

AAAに突然彼が現れたときは衝撃的でした。

とてもメキシカンとは思えない巨大な身体に確実にビルダーと思える筋肉美・・・それを強調させるかのように全身を赤黒くペインティングすした上に筋肉の筋にマジックで線を入れるという、過去に例を見ない強烈な風貌・・・とても1人では準備出来ないであろうルックスに、何故かW☆INGに来日してたルーシファーからかっぱらったようなゴム製の鬼っぽい顔のマスク・・・これが非常に安っぽい。

一目見ただけでしびれた。

そしてたぶん出てくるまでの選手だろうなと思ったら、思った通り試合が始まったら酷かった。

全く動けない。

しかしキャラクター大好きのトーニョ・ペーニャのイチオシだけあって、何故か常にメインに起用される・・・相手はたまらんかったやろうね。

来日は1度きりでIMPで見た気がするが覚えていない。

そのくらいギャップは激しかった。

とにかく何で人気があるのかわからない。

わからないけど、何故か見たい・・・それがファン心理だと勝手に思う。

相当プロレス眼が湾曲してるのかもしれない・・・しかし面白い。

ウソみたいな肉体を見るだけでもプロレスは面白いのだ。

実際グロンダが動けたら面白くないかもしれない。

動けたらオリジナリティーがなくなってしまうよ。

日本のレスラーはそれなりにみんな起用にこなすことが出来る。

だからつまらないのだ。

やれないことでも無理してやるのもどうかと思う。

出来ることしかしないのも手なのかもしれない。

まぁ、相手あってのことだが・・・一時期いなかったけど、またAAAにいるみたいだから、なんとかナマで見たい選手である。

何の進歩もないとは思うが、それを期待してしまう。
posted by マグナム北斗 at 16:38| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ「リング下の風景」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エレクトロショックとの対戦が生で見たいですね!
Posted by M.Noge at 2009年02月19日 18:17
楽器の弾けないミュージシャンが
ある時期からいなくなったように、
技術がまるでないレスラーも
とんと見かけなくなりました。

「弾けないギターを弾くんだぜ」という
ハッタリ野郎がまた出てこないかと
胸ときめかせるきょうこのごろです…
Posted by 変珍 at 2009年02月19日 22:32
しかも靴底が5センチあろうかと思わせるラバーソール!
出る度に筋肉断裂で長期欠場!
妻のエステルモレノにまで愛想つかされ模様です。
Posted by にしだ at 2009年02月19日 23:37
>M.Nogeさん

 それは100万ボルトの電圧にやられるよりショックでしょう。

>変珍さん

 ぴんから兄弟のお兄さんはギターが全く弾けなくても後ろで真似してましたねぇ・・・今思えば凄いですよ。

小器用なレスラーが増えすぎました。

ダメダメの良さもあるんですけどね。

>にしださん

 嫁がエステルだったのは知らなかったなぁ。

ホンマに滅多に見られないという所は、幻のレスラーってことになるんやろうか?

あれほど切れやすい筋肉って、どうすれば作れるんやろうなぁ。
Posted by マグやん at 2009年02月20日 13:02
 Grondaね〜(笑)メキシカンてスケルトンやDiablo(デビル)とか好きだし、Grondaはコスチュームじゃなくて、ボディー・ペインティング?っていう生身なところが、リアリティあってそのキャラ的存在感が人気なんだと思います。なんかメキシカンがドラゴンボールのピッコロとか好きなのが分りますね(笑)仮面ライダーも人気だったし(多分ショッカーとか絶対に好きだったと思います)メキシコのプロレスキャラは、もう実写版の漫画の世界って感じです。

 メキシコって、実はアメリカやヨーロッパよりもずっと前から日本のアニメやマンガをテレビで流してたんですよ。そして、彼らの文化にはアメコミの様なヒーロー物では無い、日本の漫画の様なソープオペラみたいな内容を初め、生活に密着したストーリーの「漫画」が文化として普及してるんです。そういう事もあるので、私は結構言葉がわからなくてもAAAとかメキシカン・レスリングって好きで楽しめるんですよね。お国柄か微妙に安っぽいところも「昭和」っぽくて好きです。
Posted by 山葵娘 at 2009年02月21日 11:10
>山葵娘さん

 ルチャリブレの世界って独特やないですか。

非常に単純なようで、そうでもない。

それとバッタモンの多さには痺れます。

ロボコップの格好で、ターミネーターなんて名前のルチャドール出てきたりするでしょう。

あの辺のエェ加減さがメキシコって感じします。

AAAに出てくるリングを盛り上げる女の子がキレイなんやけど、妙に安っぽいところもたまりません。

全てにアバウトな感じがたまらんのでしょう。
Posted by マグやん at 2009年02月22日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。