2009年01月18日

KONKATSU?

 KONKATSUってのが流行ってるって聞いたので、なんのこっちゃと思っていたら、『婚活』・・・所謂、結婚活動・・・略して婚活ってことやったみたいです。

就職も活動せなアカンのに、その後は結婚活動ですか・・・今の日本人は活動が好きやね。

そう言えばPKOを平和維持活動と訳した国やからねぇ・・・どう考えたって平和維持作戦が英語の授業で習った訳やったり、英和辞典ににも作戦と書いてあっても活動とは書いてない。

なんでも活動って書けばオブラートに包んだことになるんやろうか・・・?

TVで特集していた結婚活動ってやつも、どう見たって活動というよりは“作戦”と呼んだ方がエェように思えた。

オモロイね。

そこに愛とか恋なんてパーツの言葉は一言も出てこない。

“妥協”

“条件”

“安定”

“希望”

結婚てモノに、愛とか恋なんてものは必要ないんやね。

そのクセ、好きな音楽はとかって聞いたらラブソングなんやから笑うけど・・・魅力とかってそういうのは関係ないっちゅうこっちゃね。

そこに出てるネェちゃんの発言が笑ったのは、「妥協はしたくない」だの、「絶対エェ人を見つける」だの・・・相手があってのことやってことは全く無視。

この人やという人を見つけたら絶対結婚するって言うてもねぇ・・・相手がいらんて言うたらどないも出来ひんのちゃうの?

 40歳で45回そういう集まりに出てる人がいて、若いときの写真とか見たら結構エェ女なんよ。

それで1人でおるもんやから、10年前に嫁に行った親友ってのが出てきたらコレがブサイクやねんな。

そこに嫁に行った方の勝ち誇った感と、その話を聞きながら「なんでこの子にこんなこと言われてるんやろう?」感たっぷりの独身女のコントラストが傑作でしたよ。

バブル期の頃によく聞いてたんですよ。

「三高」で当たり前でそれからのスタートみたいなことをズッと言い続けてる奴がぎょうさんいてね。

そいつらを見て俺らは言うてたんですよ。

「今だけやで」

高級クラブにおったネェちゃんが、客に上からモノ言うてたんが段々新しい可愛い子に人気を奪われて、行き場をなくして錦糸町とか高円寺の安い店に逃れて、そこで知り合ったしょうもない奴に引っ掛かってドツボに嵌るようなもんですよ。

まさにそれやったね。

おもろかったわ。

 まぁ、こうやって必死で探して来た共同生活者という名の給料運搬人との生活が安定すると、気持ちに余裕が出て来て現状に満足出来なくなり、心の隙間を埋めるようにネットで知り合ったSEXしたいだけの奴にハマって、不義密通・・・あるいは浮気を“婚外恋愛”なんて言うオブラートに包んだ言葉に酔いしれながら、肉体の快楽だけに溺れていくんでしょう。

先見えてますよ。

或いは暇を持て余してパチンコに嵌り、多重債務に陥って風俗嬢になるってのもあるな。

 出会いがないって男も女もよく言うけど、そんなにないんやろうか?

町に人が歩いてないわけやないでしょう。

ぎょうさん人はおるやん。

ナンボでも話する相手おるやん。

女から言えなきゃ男が言うたらんとアカンのちゃう?

しゃべらないとアカンよ。

声掛けないとアカン。

合コンとかそういうところでは本質なんて見えないよ。

エェ格好したいから出さないもん。

 そやけど、結婚したいしたいって言うてる人がなかなか出来ひんのってワケがあると思うんよ。

いきなりそれじゃ疲れるねん。

道決まってるやん・・・向かってる方向がね。

出会ってスグに「浮気」に関して触れる奴がおるけど、これもしんどいねん。

知り合ってスグに他の女に行こうとするやつおらんと思うんよ。

こっちがそんな気ないのにいきなり言われたら息が詰まるんよ。

これから毎日言われるんかなぁと思ったらしんどいやん。

昔、ある女の子に相談されてねぇ・・・今の彼とはどうしても結婚したいって言うから、俺は彼女に言うたんですよ。

「彼氏に言いたいと思うこと・・・気付いたこと・・・今までは思った事を言うてたやろうけど、それを言わないようにしなさい。言いたいと思った事を1回我慢しなさい。」

彼女は見事結婚しましたよ。

ハッキリ言って禁じ手なんかもしれへんけど、ヤキモチ妬きの子が言うのを1・2度我慢するだけで、男なんて簡単にハマってくれるもんなんですよ。

相手探しに金使うんやったらデート代に使いなさい。

その方がその後きっと幸せやという気がしますわ。

posted by マグナム北斗 at 08:58| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
婚活ってなんだって感じです。
わけわからん。
好きだから結婚するのとは違うんですね。
相手に条件つけてる段階で、
不動産で物件探すみたいになってる。
まあ、お互い様かもしれませんが。
Posted by H2彰 at 2009年01月18日 09:52
「我慢」これがないと結婚もできないし、結婚生活も維持できませんね。

「理想」というのは現実化しないから「理想」なんであって、ファンタジーの世界として大切にしておけばいいんですよ。思春期過ぎて他人に自分の理想像を押し付けるのは、あまりにも幼稚。

大局的に見れば少子高齢化が進むと、国力は確実に落ちるので、若い人には「我慢」してどんどん結婚し、子供を育ててほしい。

というか、60過ぎてからも働かないかん社会になって欲しくないという、個人的なわがままが本音なんですが・・・
Posted by Yoshi at 2009年01月18日 10:29
結婚と同棲の意味もわからず結婚してしまった僕のが賢く思えます。
Posted by M.Noge at 2009年01月18日 11:41
平凡でありたいと、妥協と我慢で結婚生活続けてきた自分から見ると、40近くなって理想の結婚相手探してる女性はすごいと思います。
ある番組で見た女性は「今まで積んできたキャリアを手放す気はないから、仕事は今までどおり続けたい。だから理想は週末婚です」と言ってました。それで、週末はリラックスしてデートみたいに過ごしたいと。
何も変わる気がなくて、相手にとって何がメリットになるかも関係ない、と聞こえました。何だかペット欲しいと同じに思えたのは、ひがみでしょうか?
結婚しなくても幸せな道はいっぱいあるだろうと思うのですけど。
もっと欲しいもっと欲しいは、悪いとは言わないけど、どっちかを選ばないといけない時期は必ずあるんですよね。どっちも欲しいなら、相手にも犠牲を強いるということをわかってるのかな…。
理想はみんな同じようなものだから、そんな人には競争率高いですよ。バブル期の三高だって、選ぶ権利は相手にもあるんですよね。
こんな当り前のこと、意外なことに周りの独身者はわかってない人多いです。呆れます。
Posted by Rinn at 2009年01月18日 15:01
安定という条件で、親の言うなりで特に希望もなく妥協して結婚したあたしには、何も言えませんわ。。。。




Posted by 美月 at 2009年01月18日 20:53
>H2彰さん

 たぶん必死で婚活をしてる人にとっては、これからの生活を真剣に考えて何が悪いって言うでしょうが、この人たちにとったら全てが己の生活が全てなんでしょうね。

それはそれで個人の判断やからどうでもエェんですが、便利に見つけたところで金は掛かってるんですよ。

そして人間が2人いたら机上の論理では解決しないことだらけってことをわかってるのかと言いたいわけですね。

そこに人間性がないやないですか。

悪党の俺が言うと、真実味がないですけどね。

>Yoshiさん

 自分の将来設計しか考えてないから、我慢なんかしませんよ。

相手が我慢してることも考えてないでしょう。

或いはこんなに私は我慢してるのにって思いだけなんかもしれません。

確かに60過ぎて働きたくないのはわかりますねぇ・・・それは誰でもそうでしょう。

俺なんか今でも働きたくないもん。

>M.Nogeさん

 今がちゃんと出来てたらエェんですよ。

俺は常に寸でのところで逃げ切ってきましたけどね。

>Rinnさん

 男も女もそうですが、バリバリやってるやつは、自信があるから気ままやしワガママになるんですよ。

それを無条件で許せるのは、余程惚れてるか、それとも完全に引っ張られるのが好きな人くらいなんですわ。

何でも自分の思い通りにさせたかったら、金と力を持つしかないわけですよ。

それで牛耳らない限り上手くは行かないと思うんですね。

でもそれで相手の心は掴めないでしょう。

結局はそう思った通りにはいかないってことにいつ気付くかだけのことちゃいますかねぇ。

>美月さん

 今はそれで満足してはりますか?

ある部分は満足してて、ある部分は不満タップリやったりするんやないでしょうか?

それは大恋愛で結婚してもあると思いますよ。

でもその旦那を見つけるために金を使いましたか?

必死に結婚相談所に通いましたか?

せんでも出来たでしょう。

それなら損してないやないですか。

人間銭使ったら、元を取りたくなります。

女性の方がその辺はシビアですねん。

こんだけやったんやから、今の状況を大切にしようやなくて、こんだけやったんやから、精々エェ目したいなんですわ。

そうやって相手に負担を掛け続けるからアカンのちゃうかなぁと思うわけです。
Posted by マグやん at 2009年01月19日 14:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112773249
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

年収は同じでも、デート代は2倍以上!? バブル期の恋愛事情を探る
Excerpt: 前回のコラムでは、バブル期のキーワードやそれにまつわるエピソードを教えてもらいました。そこで気になったのが、当時の金銭感覚。現代の恋愛に比べて、やたらとゴージャスな印象を受けましたが、具体的に交際費に..
Weblog: 恋愛コラムリーダー 〜Love Column Reader〜
Tracked: 2012-09-28 09:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。