2008年12月16日

古賀 誠発言

 道路族のドンと言われながら、九州新幹線が博多から新有明まで繋がらない辺りが地盤の古賀 誠自民党選対委員長が言うてくれました。

公明党との選挙協力を見直そう・・・。

そろそろ出る頃やと思いました。

「比例は公明!」って言わせてるのがイヤなんでしょう。

元々仲良くはないんやからね。

自民党からしたら、創価学会の票が欲しいだけやもん。

確実に勘定できる票があったら気が楽やもんね。

今になってやめようって言い出したら公明党も創価学会も怒りますわなぁ。

ただここは考え方なんですけど、公明党にしたって引っ付いてるしかないところもあるんやないでしょうか。

ナンボ創価学会の会員が多いとはいえ、公明党が全選挙区に候補者出せるわけないんですよ。

小選挙区に出てるのは6人くらいですわ。

強いのは都会だけです。

ところが自民・公明・民主と三つ巴の選挙区になったとしたら、公明党が勝てる保証はまぁないですわ。

党の代表が選挙区で落ちる可能性だって出てくるでしょうね。

そうすると求心力を失うわけですわ。

実際、自分のところに候補者が出てない学会の人は、頑張ってるようで大して動きません。

必死の人もおるけどね。

今まで必ず勝てそうなところから候補者出して、必勝・・・連戦連勝が売りやったし、彼らのモチベーションやったわけですよ。

それが出来なくなるのは困るわけですよ。

結局、誰が言い出すかやったんですわ。

この先この話がどうなるかわからんけどね。

確実なのは、学会の会合で古賀 誠が吊るし上げられるのだけは間違いないでしょうけどね。

チョッと面白くなってきましたよ。
posted by マグナム北斗 at 19:31| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大物は誰でもかもしれませんが、古賀誠さん地元では評判悪いですねぇ。以前、週刊新潮だったか、息子の不行跡を書いた時、ここらでは買い占められて読めないと、まことしやかにささやかれたものです。川向こうの佐賀県で買ったとか。
塩崎官房長を締め上げたとか、選対本部長として引き締めに躍起ですが、崩壊は時間の問題じゃないかと思うのですけどね〜。おまけに公明党のこと言っちゃうと、選挙は負けるしかないでしょう。
YKKKの山崎さんにしろ、いつまで昔の名前が通用してるつもりなんだろ。お家の大事に結束を言ってるようで、虎視眈々と復活狙ってるとしか見えない。「空気読めない、困った、姑息な人たち」ですよ、ほんと。
政治家って、大義名分掲げて、ほんとは自分の首と出世しか考えてないと、ここに到っても国民は二の次なんだなって、つくづくわかりますわ。アホらしい…!
Posted by Rinn at 2008年12月17日 00:10
>Rinnさん

 力のある人は、逆の立場の人にとっては非常に迷惑な存在やからねぇ・・・評判も悪くなるでしょう。

公明党のこともそろそろ出し頃ではあったと思いますよ。

連立して長くなって、学会員の結束も弱くなってきてるんで、あんまり役にも立たなくなってきてると感じてるんちゃいますか?

そんな気がします。
Posted by マグやん at 2008年12月17日 08:10
これは、思い切った発言ですね。
学会連中を敵に回すとは・・・
奴等北朝鮮の工作員みたいな連中ですからね。
Posted by MARINO at 2008年12月17日 14:37
>MARINOさん

 確かに彼らは怖いですよ・・・本気のやつらはね。

ただ最近は勢いもなくなって来てるような気がしますね。

そろそろ統率に乱れも出る頃でしょう。

矢野旬也の証人喚問でもやれたらおもろいのにね。
Posted by マグやん at 2008年12月17日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。