2008年12月14日

討ち入り記念日

今年もやって来ました、赤穂浪士の討ち入り記念日。

忠義というものを教えてくれる日ですよ。

今日は忠臣蔵を見ましょう。

話、知ってても見ましょう。

出来れば蔵之助は松本白鴎か片岡千恵蔵がいいでしょう。

ちなみに俺が役者なら、色部又四郎をやりたいですな。

清水一学も悪くない。

俵星玄蕃もエェですねぇ。

とにかく今日帰ったら見ます。
posted by マグナム北斗 at 19:14| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大人の裏ラブストーリーって感じでしたね。

最近の【忠臣蔵】は研究する人が多いのでしょうか?裏表現が多いですね。

結城慶之助(田村正和)と堀部安兵衛(原田龍二)の時点で年齢差がありすぎやんって思いましたが!!

剣の達人・結城慶之助は彼しか思い浮かばないですね。
ですがどうしても円月殺法の眠り狂四郎にしか見えなかったのは、私がいけないんですよね!!

大好きな梶芽衣子さんと小林稔侍さんの夢の競演!!「恨み節」の流れる別の番組が見たくなりました。

史実の義士たちは、討ち入りの時の装束もバラバラ、雪も降っていなかったし、山鹿流の陣太鼓も打ち鳴らさなかったと読んだ事があります。

仮名手本や浪曲、戯曲、当時のかわら版など・・・今でも変わらず語り続けられている【忠臣蔵】

義士たちも30代が中心。やっぱり忠臣蔵は、武士の一分的主君のあだ討ちをもくろむ、忠実なサラリーマンを描くのが一番。
今の若者たちに受けないのかしら?

裏ストーリーといえば、大学の卒論に【義経が落ち延びて、蝦夷からモンゴルへ渡る】のを調べて書きました。
雄大なストーリー!誰か映画やテレビでとりあげてくれないかな?!!
Posted by ヒロ at 2008年12月15日 08:56
>ヒロさん

 義経のジンギスカン説は昔本にもなりましたよねぇ。

たまに仮説としてやってますよ。

ドラマは無理でしょうが・・・。
Posted by マグやん at 2008年12月15日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。