2008年12月09日

訃報だらけなのか?

 また最近訃報続きです。

演歌界の大御所、遠藤 実先生が亡くなりました。

一度も逢ったことはないですが、曲は好きでした。

年末の年忘れにっぽんの唄で特集が組まれるでしょうが、そんなことよりあのチョッといがんだヒゲも見られないのは悲しいですね。

自分でレコード会社作った最初の作曲家でしょう。

子供の頃見てましたよ。

ミノルフォン歌謡ヒットパレード・・・日曜日にやってました。

宮尾たか志さんが司会でね。

いつの間にか徳間音工になってたけど・・・もう聞けないんですね。

悲しい話ですわ。

 と思ったら昨日、若井はやと師匠が亡くなりました。

相合橋のたまやんでいっつも飲んではりました。

元気やったのになぁ・・・?

ホンマに急でした。

病気してはったみたいで、ガリガリでいつも酔っ払ってはりましたけどね。

ルパン3世みたいなスーツ着て飲んではりましたねぇ・・・寂しいですね。

順番と言われたら順番なんやけど、やっぱり悲しいです。

俺もいつかそう言われるんでしょうか?

1人でも泣く人がおればエェんですけどね。
posted by マグナム北斗 at 22:30| 大阪 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速明日特番やりますよ…
合掌…
Posted by M.Noge at 2008年12月09日 23:20
〉M.Nogeさん

遠藤先生のは録画しましたが、はやと師匠のはなさそうですわ。

悲しいですね。

今日、飲みに行ったら、ギター仁義を歌うでしょう。
Posted by マグやん at 2008年12月10日 11:34
私は自分が死んだら大爆笑の葬式してもらいたいです。
誰も泣かないかも知れませんが、人に泣かれるのは好きではありませんし、死んで喜ばれたくもありませんが、最後は親しい人達の笑顔を見て旅立ちたいです。
ですから、周りの人達には私より先に死んでほしくないです。自分が悲しみたくないのと、自分の葬式に来てくれる人が減るは寂しいので。
Posted by めんちょ at 2008年12月11日 03:27
【しっつれいしました】の【ぼん・はやと】さんですよね。
はやと師匠お亡くなりになったのですね。お若いのに・・・
そっか!若井はやとさんですものね!!

人は誰しも惜しまれて逝きたいと思っています。

私も今夜、父の友人の89歳の方のお通夜に母と参列させていただきました。

お若くして奥様を亡くされ、再婚、その後離婚。
色んな女性と遊んだあげく、75歳の時、母が紹介した私の子供の頃から知っている、美容院の先生と3年ほど付き合って、彼女が心筋梗塞で55歳で急死され、寂しい寂しいといわれるので、また、11年前、母と私のゴルフ友達の女性、当時64歳をご紹介しておじさまが79歳。

新婚旅行に娘(当時、中3)と母と私の友人と6人でハワイにゴルフ旅行に行きました。
ホテルに着くなりフロントでバイアグラを頼んでおられたのでビックリしました。

体調が悪いとご自分で車を運転して彼女の道代さん(75歳)に付き添われて病院の待合室で脳梗塞を起こされて、即入院。そのまま意識障害。意識不明で苦しまず、そのまま2週間ほど眠ったまま逝かれました。

長く患うでもなく、苦しむ事も無く、最愛のミっチャンに看取られて、生涯現役と言っておられました。

素晴らしい最期でした。
お二人のご冥福を心よりご祈念させていただきます。 合掌 
Posted by ヒロ at 2008年12月11日 05:11
〉めんちょさん

ナンボ大爆笑にして欲しくても、遺族が意にそってくれたらエェけどね。

俺も湿っぽくはして欲しくないですわ。

来た人には抽選で香典が当たるとか、そんなんにしたいですね。


〉ヒロさん

死ぬまでやるのは男の理想やからねぇ。

素晴らしき大往生ですよ。

俺はそこまで長くいないとは思いますが・・・
Posted by マグやん at 2008年12月11日 15:19
憎まれっ子世にはびこる・・・のことわり通り

きっと長生きなさいますよ!!

今でも別れた男たちや夫とも食事に行ったり、飲みに行ったり、電話がかかってきたり、心配してくれたりしています。親友いわく、ヒロは優しいからや!といわれますが、結局、恨みつらみで別れてないってことでしょうか?!

そんな男たちに最期は見取られて逝きたいのですが。

娘に遺言している唯一のことは、

≪かーさんの遺影は一番笑っている写真にしてね、そして、最期の棺への献花は、事故や病気で顔が歪んでいたり、くずれていたり、痩せこけていた場合は身内以外には絶対させないで!≫って頼んでいます。

最期のお花なんか無くてもあの世には逝けます。

それよりか、友人たちの瞼の中や一瞬の記憶の中に私の一番良かった顔が最期の顔として残っていて欲しいのです。

パッと咲き、パッと散るのが理想ですが。。。。

神さま、仏さまがそれをお許しくださるかが、これから残された人生の試練で苦行だと思われます。
Posted by ヒロ at 2008年12月13日 03:33
〉ヒロさん

俺は50過ぎたらもう十分ですわ。

自分からすることはないですが、家系的に男は早死になんで、あまり執着してないんですよ。

気楽な独身やしね。

華のあるうちに終われたら嬉しいですね。

あくまでも希望ですが・・・
Posted by マグやん at 2008年12月13日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。