2008年10月02日

清原和博引退に思う

 1985年、我等が阪神タイガースが21年ぶりのリーグ優勝、初の日本一に輝いたシーズンが終わった後のドラフト会議はPL学園の清原和博一色だった。

アレから23年間、なにかとプロ野球界の話題を集めてきた清原も、昨日でとうとう引退した。

最後の試合は4打数1安打・・・スイング見てたらとてもバットに当りそうもないスイングだったが、第3打席には清原らしい右中間への2ベース・・・華があるやつにはこういう最後が待ってるんやね。

 正直言って清原は嫌いだった。

西武の頃は嫌いというわけでもなかったが、FAで阪神の当時の監督の吉田義男氏が「縦縞を横縞にしてもエェから阪神に来てくれ!」と言う言葉を反故にして読売に・・・ドラフト指名してもらえなくて泣いた読売にノコノコ入った時点で大嫌いになったわけだ。

好きになる理由がない。

阪神ファンの俺にとって、喜んで阪神を袖にして読売に入団する選手など好きなはずがないやないか。

こういう選手は困る。

基本的には嫌いではないわけだ。

西武に入団して、読売をいわして涙を流す男・・・エェやつやん・・・応援してしまうやん。

ところがそいつが読売に・・・なんでやねん!となるがな。

確かに絵になる。

見事に絵になる。

エェところで打つ。

華がある。

人気もある。

オリックスでの3年間は悲壮な覚悟の3年間だった。

ボロボロに見えた。

とても現役でいられるような状態ではなかった。

金本が花束を持ってきた。

王監督からも花束が手渡された。

長渕 剛がとんぼを歌った。

俺からすると“とんぼ”は清原のテーマやなくて、〆さばアタルヒカルのネタの印象が強いが・・・。

イチローはスタンドで清原の4打席を全て起立して見ていた。

藤原紀香は座って見ていた。

下柳も来ていた。

土井正博が来ていた。

ソフトバンクのベンチには西武全盛期の盟友秋山がいる。

ヌルヌル男の秋山成勲もスタンドにいた。

横にいるSHIHOはカメラから外されていた。

解説にはPLの後輩片岡篤史に西武でのチームメイト田尾・・・客席も凄いわ。

個人的には1人だけ足らない気がした。

元阪神の藪 恵壱がいないやないか。

デッドボールを当てられまくって、「アイツ今度会うたらどついたる!」と清原に言われたら、「逃げるのが下手なだけ。また投げるよ。」と言っていたあの打たれだすと目が泳ぐことで有名な藪にいて欲しかった。

欲を言えばもう1人・・・野茂英雄がいれば完璧だった。

我等が阪神が低迷しまくってる頃のプロ野球を・・・誰も見なかったパリーグに客を集めた男、清原和博。

この前、千日前でベントレーで乗りつけた清原は一体何をしに来てたんやろう?

また一つの歴史が終わる。

おもろい野球選手がまた1人減った。

球団の枠を越えたスターがまた1人減っていった・・・寂しいな。

また野球界の華が枯れていった。
posted by マグナム北斗 at 08:43| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!ちょっと立ち寄らせてもらいました。
よければ、こちらも、遊び来てね(*^_^*)
    http://ameblo.jp/runrun989/entry-10094607791.html
Posted by かな at 2008年10月02日 09:22
テレビのニュースでは伝わらない情報ばかり!

そんなに著名人がスタンドに訪れていたなんて。
清原のスイング、確かに往年のものではなかった。
戦力外であること、誰が見ても明らか。
ボロボロのフルスイング、
天国で見つめる仰木さんはどう思っているのやら。
いい花道だったのだが、戦力としては不十分すぎ。
Posted by ピコ田中 at 2008年10月02日 10:56
試合は放送なかったのに、夕べも今朝もこればっか。「とんぼ」ばっか。
長渕と清原って、やたらと魂とか男とか言いたがりで、日サロで焼いたムダな筋肉つけすぎで、共通項でキモい。
だいたい公式戦でこんなセレモニーって失礼じゃないの?片やCS進出を決め片や最下位争いしてるからって、消化試合だけど集客優先なの?
杉内は全球ストレートで気をつかったらしいけど、ホークスの選手はこんな試合の相手に選ばれたのを屈辱だと思わないのか。(オマケに負けてるし)
……でも、これまでもドラマだし最後まで人を惹きつける選手だってことは、認めます。こういうの華があるって言うんだろうな。
ここでの清原の号泣は、マグナムさんは許すのかしら?よく泣く人だったけど…
個人的には、フェードアウトしてる野茂さんこそ華々しい引退試合してあげたいけど。本人が望んでないのでしょうけれどね。
Posted by Rinn at 2008年10月02日 14:11
試合に出るだけでお金が集まるのでそれだけで価値あります。いいことです。わたしもお呼びがかかる人間になりたいものです。
Posted by なりやん at 2008年10月02日 19:29
石もて矢を放たれボロクソにされた読売に対しても、感謝の言葉を述べた清原に器のデカさを感じました。
Posted by 仁蔵 at 2008年10月02日 21:40
先日、渡辺(監督)さんと抱きあってた時は
もらい泣きしてしまいました。

清原とタメなので引退当日、ガンガン流れて
いたPLの頃の映像やバブル期の西武ナインの
映像は感慨深いものがありました〜☆

たしか・・・・
清原、21才くらいで7000万円ほど
年棒もろうてて、ウチの実家の父が
「オマエ(私のコト)・・・サラリー七万やな。」
と言われたことが昨日のようです。


Posted by うーた at 2008年10月03日 17:02
>かなさん

 ようこそ・・・。

遊びに行きましたが、俺にはあんまり用がなかったです。

>ピコ田中さん

 関西テレビで深夜に特番やってたんで、それで写ってたんですよ。

秋山成勲はわかりますが、藤原紀香は仕事で来てるきがしましたが・・・。

戦力にはなりようがなかったですね。

飾りにしては高給取りやし・・・まぁたった1試合でペイ出来たんではないでしょうか。

>Rinnさん

 シーズン最終戦で引退試合をしたのは長嶋が最初やったような気がします。

読売のOBはそういうことするんでしょう。

引退試合で泣くのはかまへんですよ・・・最後やし・・・万感の想いってやつはエェと想いますね。

もう見られないわけですから・・・。

>なりやん

 プロなら集客力があることも大事ですよね。

ホンマに客を呼べることがホンマのプロですわ。

>仁蔵さん

 あの年齢になり、故障で1年リハビリしたからでしょう。

人間苦労したら昔の嫌な事より、エェことを思い出すやないですか。
Posted by マグやん at 2008年10月04日 07:29
>うーたさん

 高給取りやったからねぇ・・・そりゃ比べたらアカンわ。

渡辺はハゲ、清原は白髪・・・年月を感じますね。
Posted by マグやん at 2008年10月04日 08:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。