2015年02月23日

道頓堀のリングにサンダーストームが・・・

 土曜日の2.21ボディーメーカーコロシアム第二競技場大会は、道頓堀プロレスにとって2015年最初のビッグマッチ。

今回はあの天龍さんが参戦してくれた。

俺にとって天龍さんはタダのレジェンドレスラーではない。

AV男優上がりのただのファンだった俺を、この業界でエェ顔にしてくれた恩人の一人なのだ。

詳しいことはここでは書かんけど、頭が上がらない中の一人であることは間違いないのです。

そんな天龍さんをコールする機会は過去に一度もなく、今年で引退を表明されてるので、チャンスは今回しかなかったかもしれんのです。

まさに一世一代の恩返しのコールですよ。

気合いが空回りしてたかもしれません。

それでもやれるだけやりました。

会場の熱狂に少しでも火をつけられてたら良かったです。

全6試合、お客様は満足してくれてたら幸いです。

が・・・次の試合が待ってます。

闘いは常に止まることはないのです。

次期シリーズは3月7日から始まります。

お楽しみに。
posted by マグナム北斗 at 18:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

産んでくれてありがとう?

 どうも解せない表現というか、言葉が何個かあるんやけど、いったいいつから使われだしたんやろうね。

近頃一番よく聞くのが母親に向ける感謝の気持ちでこういう表現。

「産んでくれてありがとう」

俺はこれがどうも寒くてならない。

何も親に感謝しないってことではない。

現在俺がこの世に存在していているのは母親が産んだからなのは間違いない。

ただ産んでくれてありがとうではない気がするんよ。

だって両親なのかわけありなのか、そうなる前だったのかは別にして産むまでは勝手やないですか。

子供に親は選べないんやし。

少なくとも母親に産んでくれてありがとうと言うやつはおっても、父親に種付けてくれてありがとう、中出ししてくれてありがとうって言うやつはおらんでしょ。

それに言えんよなぁ。

だからどうもこの表現嫌いなんよ。

俺はそれなら育ててくれてありがとうやないかと思うんですよ。

実際、産むのもしんどいけど育てるのはもっとしんどいこといっぱいあるわけでしょ。

途中でイヤになって殺す奴も近頃はぎょうさんいてるわけですよ。

そんなこともせず、無償で大きくなるように育ててくれたから今があるんでしょ。

感謝するならそこちゃうかなと思うんですわ。

生まれた時点ではどんな子になるかわからんのやからねぇ・・・。

でもまぁ、じゃあお前は言うてるんかと言われたら、答えはNOですわ。

そんなもんテレ臭くて言えますかいな。

この月、ウチのお母ちゃんは74歳になったけど、ちょっとだけ誕生日に飯食うたときにおめでとう言うたぐらいですわ。

見知らぬ女をナンパする時ならナンボでもエェこと言えるけどね。

それとは違うんですよ。

ナンパした女に、「こんなに可愛い顔で生まれてきてくれてありがとう」とかなら考える間もなく言えるけどね。

わが親に改めて感謝の気持ちを言葉にしてなんてよぉ~しません。

マグナムには似合わないでしょ。
posted by マグナム北斗 at 17:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期更新「マグヤン暴走日記」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。